千秋楽

作・演出の横田です。

 

『誰かの町』千秋楽。

本日、無事に終了することができました。

あいにくの雨の中、足を運んで下さったお客様に大感謝です。

 

最終的に、ほぼ全てのステージを満席で終えることができました。すべてのご来場のお客様に心より御礼申し上げます。

 

・・・はい。いつもならこれでお終いですね。ところが今回は、4月26日まで配信にて『誰かの町』をご覧頂けるのです。お越しになれなかった方も、もう一度観たいと思われた貴方も、どうぞご利用下さい!

 

次回のタテヨコ企画は2021年10月を予定しています。

どうかお楽しみに!

 

f:id:tateyokokikaku:20210328235120j:plain

 

四日目終了

作・演出の横田です。

四日目が無事終了。

ご来場のお客様、誠にありがとうございます。

配信も始まりました。是非ご利用下さい!

 

今作はタテヨコ作品の中でもシーン数が多く、さらに時代も場所も色々変わるから早替えが多いのです。小道具や仕掛けも沢山ありますから、客席から見えないところで大忙しの俳優達。舞台裏に定点カメラを設置したら、きっと面白い映像が撮れるのではないでしょうか。

 

そんな一挙手一投足のすべてが演劇です。

俳優達には感謝しかありません。

 

朝子さんは今回ヒロインの母「高橋良江」を演じています。

f:id:tateyokokikaku:20210327235730j:plain

 

たてちんは劇作家の「小宮」を演じています。

f:id:tateyokokikaku:20210327235746j:plain

二人共素敵な笑顔ですね。

 

タテヨコ企画『誰かの町』。残すは千秋楽のみ。

座組一同、最後の1ステージまで演じきります。ご期待下さい!

 

 

 

 

 

三日目

作・演出の横田です。

 

三日目です。今日は夜のみ。

間もなく開場時間です。

ソーントン・ワイルダー宮澤賢治が混ざった感じという感想を頂きました。はい、どちらも大好きです。光栄です!引用している詩はご指摘の通り『青森挽歌』の一節ですね。

 

明日のチケットは完売しました。

最終日、千秋楽はまだまだお席がございます。

2020年度最後の日曜日。劇場へ足を運んでみませんか?

決して損はさせませんよ。

最高のお芝居をお見せ致します!

 

写真は劇団員の久行志乃ぶさん。上品にチョコを食べていますね。今回なにかと可愛いと評判です。彼女は今回、主人公の妹「有野望美」と主人公の親友・坂本君の母「坂本恵子」を演じています。久行志乃ぶの可愛いにご期待下さい!

f:id:tateyokokikaku:20210326182306j:plain

二日目終了

作・演出の横田です。

 

 二日目(25日)が終了しました。

ここまで三ステージ。明日(26日)が折り返しです。

ご来場のお客様、誠にありがとうございました。

面会は一切していませんから正直評判も分からないのですが、頂いた拍手やSNSを観る限り、お陰様で好評を頂いています。是非一人でも多くの方に観て頂けたら。貴方のご予約をお待ち申し上げます!

 

さて、今作の舞台となる「町」について。知人からのメッセージに「私(横田)の町なのですか?」といった問いがありました。確かに断片的に見れば近しいところはありますが違います。聞いた話や想像したことを混ぜ合わせたのが『誰かの町』です。誰のものでもないのと同時に、誰のものでもあるのです。

 

気がつけば春ですね。

稽古を始めた頃はまだ寒く緊急事態宣言中でした。

 

 

f:id:tateyokokikaku:20210326000509j:plain

 

千秋楽まであと少し。

座組一同、最後まで走り抜けたいと思います。

 

初日明けました/webアンケートにご協力を!

f:id:tateyokokikaku:20210325004654j:plain


作・演出の横田です。

無事初日を迎えることができました。

お陰様で満員御礼。

今回は終演後にお客様と一切会いません。写真もありません。お話もできません。

ご来場のお客様、是非webアンケートにご協力ください。

 

明日以降、まだまだお席に余裕がございます。是非遊びにいらしてください!

 

f:id:tateyokokikaku:20210325005045j:plain



初日!

作・演出の横田です。

 

いよいよです。果たして『誰かの町』がお客様にどのように観てもらえるのか。お披露目の時間まであと少し。

 

なんだか色々準備に余念が無い加藤君。今回、加藤君はヒロインの弟役(「高橋洋」)と主人公の同級生である「韮山鉄也」の2役を演じます。しかも優等生と不良、そして上は58歳から下は6歳までと求められる演技の幅は広く、それだけ加藤君の魅力満載の『誰かの町』。

 

間もなく開演ですー!

 

f:id:tateyokokikaku:20210323182413j:plain

 

場当たり

作・演出の横田です。

 

言ってしまえば『誰かの町』は、いい年した大人が全力で取り組む「学芸会」のようなお芝居なのでした。「ごっご遊び」は子供だけのものではないのです。とはいえ役者達の運動量は半端ありません。人によっては筋肉痛が酷いようです。 私は見てるだけですが、もう楽しくて楽しくて仕方ありません。是非、おじさんおばさん達の勇姿を見届けに来てください。決して損はさせません!

 

写真は今回の舞台装置の一部。木の風合いと色合いが可愛いでしょう?こんな装置たちを色んなものに見立てて世界を作るのです!

 

f:id:tateyokokikaku:20210323094845j:plain