「ひきこもり」との距離

遂に春がきた!


と思えば冬が慌てて帰ってきたような気候が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。


タテヨコブログ二周目の男谷口継夏です。


僕はまだ東京での活動も日が浅く、あまり一度共演した方と再共演という経験がないのですが、


タテヨコ出演も2度目ということで劇団員さんたちやリサリーサさんとの再会がとっても嬉しくて、


今回初めましての皆さまもとってもあたたかい方たちなので、早々に打ち解けることができて幸せな現場です。


今作も昨年の「橋の上で」に引き続き、ヘビーな作品ということもあり、この現場の居心地の良さはとても救いなのであります。

(楽しそうに談笑する西さんとしいたけさん)


僕が演じる役柄は、笑うタイミングが皆無なのですが、お芝居をしている時以外は基本ニマニマと笑っている気がする。笑


演出・脚本の柳葉魚さんは、「橋の上で」のときからとても話しやすくしてくださっていて、


疑問点やお芝居の相談を真っ直ぐに受け止めてアンサーをくれる、とても真摯な方です。



普段話しているときは、お得意のひねくれトークで全然素直じゃないですが。笑


それも柳葉魚さんの素敵でチャーミングなところです。


柳葉魚さん、前回の出演以降僕が出演する作品をすべて観劇してくださっているんですよ。。。。。(マジ)(感謝)(嬉)


作演の柳葉魚さんも素敵だけど、俳優の柳葉魚さんもとっても素敵なのでいつか共演できる日を夢見て頑張りたいなと、こっそり思っております。こっそりね。


さてさて。


今作『繭の家』では、「ひきこもり問題」「8050問題」を題材に扱った物語で。


僕は今作に向き合う中で「ひきこもり」って今まで思ってたよりとても近いところにあるなと考えるようになりました。


これは今を生きる人たちみんなに言えることで。


人間必死に生きていれば、どこかでつまずくときもあって、


そのつまずきの大小に関わらず、心がポッキリ折れるときがある。


それがこの先絶対起こらないという確証もなく、いつ何時自分が守りの体制に入るのか分からないな、なんて考えています。


そして現に、中学時代に僕もポッキリ折れちゃいそうなタイミングがあって。


そのときは、自分の部屋がなかったということもあるけど、親に変な心配をされるのが嫌で無理くり学校に通うことを選択していました。


もしあのとき、こもる場所があったのなら確実にひきこもっていただろうなと思います。


ただ、ひきこもること自体を個人的には全否定しないでいいのかな、とも思っていて。


「ひきこもる」ということは、防衛本能でもあるから。


僕の場合は、あのとき学校で心の支えになる友達がいたからなんとか生きて来れただけなので。


そのおかげで、演劇とも出会えて、今こうしてこの題材としっかり向き合うことができている。


この問題は、当事者だけでなく周りを取り巻く人や物事も大きく関わっている非常に難しいもので、


決してひとりでは解決できない複雑な題材なのです。


この作品を観て皆さまに何を届けられるのか、試行錯誤の日々です。


3月にシアター風姿花伝でお会いできることを楽しみに、


そして意義ある今作に関われることへの喜びを噛み締めつつ日々精進して行きます!


あ、チケットの予約受付開始しましたよ!!!


これみよがしに僕扱いの予約フォームを置いてこのブログを〆る!


サラバじゃ〜〜〜〜〜〜〜!


[emoji:4B0]谷口継夏扱い予約フォーム[emoji:4B0]https://www.quartet-online.net/ticket/tateyoko45/entry?urd=09QtIMOt4f




本日チケット発売!(ミレナ)

初日まであと1ヶ月!チケット発売中!

 

今回物語の主役を演じることになりました!

 

特にモチベーションの変化はありません!

 

いつもと変わらず、なんとか稽古期間中に腑に落とし、楽しんで舞台の上に居られるように、

そこを目指して頑張るのみです!

 

まだまだ何で?何で?が多い状態で、もっと頭的にも心的にも身体的にも理解度を上げていかないとという感じです!

ひよらず挑戦しながら毎回の稽古をやりたいと思います!

 

3月27日-31日、シアター風姿花伝でやる舞台です。

ぜひ、ご予定チェックよろしくお願いいたしたす!

予約フォーム貼らせて頂きます🙇‍♀️🙇‍♀️

(ミレナ扱い)

https://www.quartet-online.net/ticket/tateyoko45?m=0qhchbh

 

それではまた!

 

主宰の横田です

主宰の横田です。こんにちは。

このたび、第1回「日本みどりのゆび舞台芸術賞」においてタテヨコ企画が選考委員賞に選ばれました。

これまで全ての公演に携わった方々、応援頂いたお客様に心より感謝申し上げます!

『谷繁2』舞台写真(左よりあさ朝子、ミレナ、舘智子、西山竜一、久行志乃ぶ)
撮影:神山靖弘

今後も変わらず創作活動に邁進していく所存です。末永くご愛顧願います。

 

そして青木柳葉魚の新作『繭の家』、本日チケット発売ですよー!

『繭の家』チラシ表

横田修 拝

 


 

 

電気ウナギ

ハーイ!少ない語彙力で稽古の様子をお届けするリサリーサだよ︎
 
今日はもうほんとに寒かったしみぞれみたいな冷たい雨でしたけど、それでもゴリゴリお稽古するのです!
 
今回は勝手ながらちょっとだけ自分のことを書きますと、もうそれはそれは苦しんでおります!
柳葉魚さんの素敵な脚本と、演出と、共演のみなさんが言ってくれる「もっとこういう感じ」とか、「こんな風に見えてるよ」とか、あーそれ!それがやりたいです!って超同意なんですがね、それがなかなか体現できなくて、自分がとってももどかしいです!
 
もしももどかしさで発電できたら、今電気ウナギより発電量多いよっ。ビリビリっ。
 
でもね、共演の皆さんのお芝居をすごい間近で見て、本当に素敵だし、楽しいし元気もらえるし、だから余計もどかしくなっちゃうんだけど、でも、すこーしだけでもできたことをキッチリ掴んで積み重ねていければいいな、と。
それで、共演者のお芝居を見て、あぁ、あんな風にお芝居したいな、とか、そういうプラスの力をもらって、良いもの出したい!あともらったパワーを返したい!
 
ということで、これを読んだ方っ。
どうか心の中で「リサリーサがんばれー!」と応援してやってください。
できれば、キャスト一人一人を「◯◯、がんばれー!」と読み上げていってください。
頑張れる気がする!
よろしくお願い申し上げまーーす。
 
お写真はワンダフルな皆様っ。
 
2/27チケット発売まであと2日!皆さんご予約に向けて気持ちの準備してますかーっ!
 
3/27-31
目白のシアター風姿花伝で待ってるよ!
ウェブサイトやSNSもチェックしてね︎
#タテヨコ企画 #繭の家
 

稽古2周目

立ち稽古から、2周目が周ってきました!
セットもだんだんと決まりつつ、どんどん具体的になってくると、見えてくることが増えてきて楽しいですよね!!
 
これからどんどん、練って行けたらいいな〜!!
本番お楽しみにお待ち下さい\(^o^)/
 
志乃ぶ

ファイト、僕!

タテヨコ企画「繭の家」、
昨日も稽古でした。
 
お芝居とは難しいものだなと、
改めて感じさせてくれる現場です。
 
それはある意味幸せなことだなと…
でもやっぱり大変です。
 
とにかく色んなことを嚙みしめながら、
やっていきますよ!
 
三月、楽しみにお待ち下さい♪
タテヨコ企画、四年振り、二回目の出演の
林竜三でした[emoji:03E]

がんばってがんばる (青木柳葉魚)

朝子さんから占いの本をいただいた。
その本によると今年は「一皮むけた新しい自分になれる年」らしい。
ほうほう。いい感じじゃないか。新しい自分。
 
もう少し詳しく書いてあるページを読んでみる。
「失敗を恐れず前に進み頑張ればいいことがある」
とのこと。
そうかそうか。
さらに。
「頑張って出会いを増やせば良い縁に繋がる」
とも。
なるほどなるほど。
私のような小さい人間は思う。
 
それは本当に占いなのか?
 
まぁ、占いとはそういうものなのかもしれない。
とりあえず「頑張れ」ということだ。
そんなわけで頑張って稽古している。
 
『繭の家』楽しみにしていてください。
その頃には新しい自分になってると思いますので。